CSR(社会貢献)

地域住民・地域社会との交流・親交を深め、交通社会・物流社会に対しての理解を深めると共に、チャリティー募金や収益金を、環境保護団体並びに交通遺児育英会等の団体に寄贈し、企業理念に掲げる社会貢献を果たす努力をしております。

新着記事一覧

映画『島守の塔』予告編が公開されました。

弊社がスポンサーを務める映画『島守の塔』(五十嵐 匠監督)の予告編が公開となりました。

こちらの予告編も、戦争に対する「苦悩と葛藤」や「人間の命の尊さ」が伝わる、胸を打つシーンの連続となっており、観るたびに本編への想いが募る一つの作品となっています。
映画『島守の塔』予告編は、YouTube(https://youtu.be/rMuHRF5eX4I)もしくは、『島守の塔』公式サイト(https://shimamori.com/)から、ご確認ください。

映画『島守の塔』公開決定

弊社がスポンサーを務める映画『島守の塔』(五十嵐 匠監督)が、
7月22日の東京での公開を皮切りに、順次公開されることが発表されました。

『島守の塔』の舞台は、激化する太平洋戦争末期の沖縄。
沖縄県知事に着任した島田 叡(しまだ あきら)を主人公に、
命や平和の尊さを描いた戦争ドラマとなっております。

映画の主人 島田の出身地でありダイワ運輸本社のある兵庫県と、
映画の舞台となった沖縄県は、昭和47年から友好提携を結んでおり、
令和3年12月には、両県の友愛50周年と島田知事の生誕120年を記念し、兵庫・神戸で交流事業が開催されました。

このお知らせをきっかけに、みなさまに『島守の塔』をご覧いただき、
「命の尊さと平和」について考えていただく機会となれば幸いです。

映画『島守の塔』については、公式サイト(https://shimamori.com/)にて、ご確認ください。

日経新聞に掲載いただきました。

株式会社日本総合研究所より、弊社の働き方改革推進の取り組み状況を『働き方改革のグロース企業』と診断いただき、日経新聞 2022年5月25日朝刊「SMBCのサステナビリティの取り組み支援」の紙面に掲載いただきました。
※グロース=成長

ダイワ運輸では「2022年度働き方改革に向けたコミットメント」として、
・性や年齢、障がい、育児中など、多様な背景・属性を持つ従業員ひとりひとりが働きやすい職場を目指す
・労働生産性の向上や職場環境の充実をはかることにより、従業員ひとりひとりのワークライフバランス充実や健康増進を支援する
上記方針に取り組んでいます。

日本熊森協会への支援を通じ、森や野生動物を守る社会づくりをおこなっています。



ダイワ運輸では、水源の森と野生動物を守る活動をおこなっておられる「日本熊森協会」への支援を通じ、森や野生動物を守る社会づくりの推進をおこなっております。

日本熊森協会は、「森を守る」「奥山の再生」「野生動物の保護」「環境教育」などの観点から、豊かな自然を守り、全生物と共存できる社会を築くための活動をおこなわれている団体で、活動理念に「すべての生き物と共存する、持続可能な社会の実現をめざして」を掲げられておられ、その想いに賛同・共感し、支援をさせていただいております。

今後もダイワ運輸では、企業理念の「続可能で豊かな社会の実現のために貢献します」のもと、「安全な社会」「より良い未来」の一助となるよう、支援や取り組みを続けていります。

日本熊森協会について詳しくは https://kumamori.org からご確認ください。

シェル ルブリカンツ ジャパン株式会社さまに取材動画/後編を掲載いただきました。



シェル ルブリカンツ ジャパン株式会社(以下「SLJ」)さまのホームページ(https://shell-lubes.co.jp/lubes-grease/) に、弊社代表 木村のインタビュー/後編 を新たに掲載いただきました。

「SDGsの実践で生まれる企業成長とは?」というダイジェストから始まり、こちらでご紹介させていただいた「インタビュー/前編・中編・後編」と、SDGsの施策や事業に対する取り組みなど、全4動画を掲載いただいております。
弊社企業理念である『高品質の輸送サービスを顧客に提供し、持続可能で豊かな社会の実現のために貢献します』にも関わる動画となっておりますので、ぜひご覧いただき、弊社への企業理解に繋げていただければ幸いです。

Page Top