ダイワ運輸株式会社

お問い合わせ

Tel 078-914-0022

MENU

理念の実施について

貨物事故や不測の事態の発生に伴うお客様の社会的信用へのダメージを、当社は最も恐れています。「安全・確実で人と環境にやさしい輸送・作業環境の24時間、365日の維持、業務レベルの高度化は、どうすれば達成できるのか」という一人ひとりの継続的な自問と検証、情報収集による創意工夫は、当社の事業者としての義務であり、前進姿勢でもあります。お客様のニーズに応え、事故を未然に防ぐ最高水準の機材、システムを常に他社に先駆けて導入し、人に、業務に、活かして参ります。

CSR(社会貢献)

地域住民・地域社会との交流・親交を深め、交通社会・物流社会に対しての理解を深めると共に、チャリティー募金や収益金を、環境保護団体並びに交通遺児育英会等の団体に寄贈し、企業理念に掲げる社会貢献を果たす努力をしております。

SDGsへの取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

当社では企業理念「高品質の輸送サービスを顧客に提供し、持続可能な社会の実現のために貢献します」に基づき、国際社会の一員として、SDGsの達成に貢献できるよう、取り組みを推進していきます。

新着記事一覧

外務省「ジャパンSDGsアクション・プラットフォーム」にて掲載されました

弊社のSDGsに関する取り組みが、外務省「ジャパンSDGsアクション・プラットフォーム」にて掲載されました。


持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

また、弊社HP内「SDGsへの取り組み」にて、SDGsで掲げられている17のゴールに弊社の行いがどのように寄与しているのかを明記しております。


今後も、企業理念「高品質の輸送サービスを顧客に提供し、持続可能な社会の実現のために貢献します」に基づき、国際社会の一員として、SDGsの達成に貢献できるよう、取り組みを推進してまいります。

ミシュランタイヤ X-oneの採用



ダイワ運輸グループではミシュラン社製のX-ONEタイヤを積極的に採用しています。
これは一般的にワイドシングルタイヤと呼ばれるタイヤで、通常トラックのリアタイヤは2本で1組になったダブルタイヤと呼ばれるものが主流ですが、X-ONEタイヤは幅広のタイヤを1本のみでトラックのリアタイヤに装着するテクノロジーです。
ダブルタイヤを1本にすることにより、タイヤ1本あたり50㎏の軽量化となります。大型トラック1台分に換算すると200㎏もの軽量化が可能となります。
これにより燃費の向上、積載重量の増加やメンテナンスの省力化など様々なメリットが見込めます。
さらにはこのX-ONEタイヤにおいてもミシュラン”3R”が適用され、非常に長いライフを誇ります。

LED照明化



ダイワ運輸グループではほとんどの事業所においてすべてLED照明を採用しています。これにより省エネルギー化に取り組んでいます。

スペアタイヤの撤廃



ダイワ運輸グループでは1部の車両を除きスペアタイヤの撤廃を行っています。
大型トラックのスペアタイヤは固縛装置込みで100㎏近くの重量があります。
仮にトラックが300台走行していたとすると1日で30トン、1年間では10,000トン近くの無駄な重量を
運ぶことになります。スペアタイヤを撤廃することにより燃費の向上や廃タイヤの削減などのメリットが見込めます。
タイヤトラブルの緊急時にはミシュラン社の全国タイヤレスキュー網を利用し、スペアタイヤを使用していた時と遜色ないリカバリーを行っています。

4キロクラブ



ダイワ運輸グループでは各乗務員に高い省燃費走行の意識向上のために、3ヵ月間毎に基準以上の燃費を達成した乗務員全員に表彰を行う制度を行っています。それが”4キロクラブ”です。大型トラックにおいて燃費4ℓ/km以上達成を基準としていますが初期は数名の対象者しかいませんでしたが、最近では50名近くの乗務員が基準燃費を達成しています。省燃費走行により燃料費の削減や車にやさしい運転による車両故障の抑制の他にCO2排出量の削減にも効果があります。

Page Top